モスクワとワーリャとの出会い


DSC00293

モスクワ駅あらためヤロスラフスキー駅

モスクワ到着は朝の6時。

我ながら無計画だったなぁと思うのですが、

モスクワに到着した時点で、その日の宿も決まっていなければ、どこにどの観光場所があるのか、交通手段は何があるのか、さっぱり知りませんでした。

シベリア鉄道移動中がwifiなしの環境だったので調べられなかったもので。

到着したー!モスクワだー!と感動も束の間。

早速駅の近くにあった24時間営業のレストランに入り、ウランウデで会ったアンドリエが紹介してくれた人にメッセージを送ったり、宿を調べたり、地図をダウンロードしたり。

そのレストランはビールなどのお酒も飲めるのですが、朝6時から結構な数の人がビールを飲んでいたのはちょっとしたカルチャーショックでした。

また、首都にある主要駅の近くだというのに全く英語が通じないことも意外でした。

 

DSC00296

モスクワについて簡単な地理と移動手段を調べていると、モスクワは地下鉄が発達した都市だと知りました。

地下鉄はいくつもの路線が複雑につながっているので、路線情報をわかりやすく提示してくれる「Yandex.Metro」というアプリが非常に役立ちました。

見つけた宿への移動も地下鉄を使用するようなのですが、そこで発覚。

実は鉄道にも地下鉄にも「モスクワ駅」というのは存在しません。

これがとてもややこしいのですが、モスクワの鉄道駅には方面別に9つのターミナル駅があり、同じモスクワ行きと言った場合でもどの方面から来るのかによって停車駅は変わります。

では、わたしが今いるこの駅はなんという駅なのか?

シベリア鉄道は「ヤロスラフスキー駅」という駅に停車、または発車します。ここが今わたしがいる駅。

駅にはただ「モスクワ」としか書いてないのに!

ちなみに、後日使ったサンクトペテルブルグへ向かう電車は「レニングラーツキー駅」から発車します。

場所も全然違うので駅名と場所は要チェックです。

 

今いる場所がわかったものの、今度は最寄りの地下鉄駅(これは鉄道の駅名と同じ名前)の入り口が見つからない。

出口はあるものの、一方通行なのでここからは入れない。

うろうろ探し続けて、やっとやっと見つけた地下鉄入口は、暗いし、看板はないし、表示もないしで見つかるわけがない。

そんなモスクワの地下鉄は、美術館さながらの美しさであることが有名で、地下鉄駅を巡るツアーがあるくらいです。

本当に美しいです。

しかし、英語表記がとても少なく、わたしにとってキリル文字は記号にしか見えなかったので、停車駅の名前を確認するだけでも一苦労でした。

なんとか目的の駅で降り、ひとしきりうろうろしていたら、宿のスタッフらしき人が道で声をかけてくれたので助かりました。

ロシアのバックパッカー宿(安宿)はビルの中の一室にあることが多く、外に大きな看板やサインがないことが多いんです。

モスクワの観光情報を宿から入手し、3日ぶりのシャワーを浴び、荷物を置いて早速町へ。

DSC00297

観光客が集まるアルバート通り

 

DSC00304

似顔絵が有名らしい

と、アンドリエの紹介で連絡したワーリャからメールの返信があり、すぐに会えることになりました。

ワーリャは東京外国語大学で留学をしていたので、日本語が堪能で日本文化にも精通していました。

モスクワで日系の会社で秘書兼通訳として働いていましたが、つい最近退職したので時間に余裕があるとのこと。

話をしていくうちに、モスクワ滞在中は彼女のアパートに泊まれることになりました。

地元の人の生活空間に滞在できるなんてすごく嬉しい。本当のロシアが見える気がします。

DSC00400

ワーリャのアパート。この規模がモスクワでは普通らしい。

日本から遠く離れ一人も知り合いがいなかったモスクワで、あたたかくて静かな部屋の快適なベッドにゆったり横になっているのは、すごく幸運だったなと思うと同時に、これは必然であったようにも思える不思議なしっくり感とともに眠ったのでした。