田舎のぬくもりをパリンカとともに。


公共交通機関が少なく、旅行者にとって不便なのはどの田舎でも同じでしょう。

その不便さと比例して増えるのは、地元の人が身近に感じるという利点、だと思う。

(前回の機関車の中では完全アウェーだったけど、あれは地元の人でなく旅行者が乗るものだとすれば、ですけどね)

 

ビシュウ・デ・ススからシゲット・マルマツィエィまではバスがあるものの、一日に1~2本とかなり少なく、機関車に乗った後の夕方に移動しようとしたわたしには移動手段がない状態でした。

しかし!シゲット・マルマツィエィで予約した宿が送迎してくれるとのこと(無料)。

車で1時間半くらいの距離を、わたし一人を送迎するために自家用車で来てくれました。

な、なんて優しい。

泊まったのは、Pension casa Muntean  というところ。

ホームページを見ると不安になるイマイチさなんですが、Booking.comやHostel worldを参考にしてみてください。評価が高いのがわかるし、予約もしやすいです。

オーナー家族の家が同じ敷地内にあり、さながらホームステイの気分が味わえます。

ここも前日同様ペンションなんですが、ツインのお部屋をドミトリ―のように使うこともできて、1人分の金額しかかかりませんでした。

滞在中1人客が来なかったので、結局1人で個室として使ってました。

しかもお部屋にはルーマニアの伝統刺繍柄のカーペットやブランケットがあり、とても可愛い。

dsc02327

門構えがどの家も立派。木にかけた鍋は、嫁入り前の娘がいることを現す…だったけど今はただの習慣らしい。後になって気づいたけど隣のペンションの写真を間違って撮ってた。

dsc02321

周囲にはレストランどころかお店もないので、ペンションの食堂で頂きました。

ボリュームのある家庭料理は美味しかった!

これはさすがに別料金だったけれど、ルーマニアの強いお酒、パリンカが飲み放題。(と言ってもそんなにがばがば飲める強さじゃない)

夕食で一緒になったロシア人旅行者、アーシャとゼニャとともに、お酒が進んだ夜でした。

 

ここへ来た目的はルーマニア北部に残る木造教会群(世界遺産)を見学に行くこと。

自力で見て回るのは難しく、タクシーやツアーを利用しなければならないという情報があったので、1人だと割高だしどうしようかと思っていましたが、作晩会ったアーシャたちと一緒にツアーをお願いすることにしました。

ツアーと言っても、泊まっているペンションのオーナーがやっているMaramures tourを利用。

いろいろな融通が利くし、オーナーの知り合いの方を尋ね歩くような個人ツアーでとても楽しく、お願いして大正解でした。

冬には雪深くなるこの地域の木造教会は、縦に細長い構造で大きな三角屋根を持つ小さな教会で、内部には絨毯が敷いてあり暖かな雰囲気です。

木造教会が残っているというだけでも行く価値はあると思うのですが、内部のイコン(キリストや聖書の出来事を描いた画)がとても、とてもいいです。

dsc02334

dsc02345

dsc02341

ロシアで見たイコンとは違い、ひっそりとした薄暗く小さな教会内の空間に、素朴な絵がびっしりと描かれていて、この教会が地元の人の欠かせない祈りの場として大切に守られてきたことがわかる。

敬虔なキリスト教徒のアーシャはさかんにたくさんの質問を牧師さんにしていたけれど、わたしは、その眠たくなるような安心感と心地良さに、懐かしさみたいなものを感じていました。

 

dsc02379

ルーマニアのお酒、パリンカつくりのおじさん。いつでも酔っ払ってるような陽気さ。テーブルの上のペットボトルの黒い液体はブルーベリーのパリンカ。

dsc02425

昔は門つくり、今は小物つくりのおじさん。この人も陽気。

 

いくつか訪ねた場所の中でも、サプンツァ村というところにある「陽気な墓(Merry Cemetery)」は特徴的でした。

小さな屋根を持った十字架の下に、生前故人がどのような人だったかが絵と文で示された部分が続き、それらは明るい青を基調とした黄色や赤、青の花や絵柄で飾られているのです。

ルーマニア語が読めなくても、この人は料理が上手だったんだな、仕事一筋の真面目な人だったんだなというようなことがわかります。中には虐殺された事実、交通事故に遭ったこと、などが書かれたものもあります。

この陽気な墓を始めたご本人は亡くなっており、今ではその弟子たちが引き継いでいるそうですが、もちろんご本人がお墓を書いているお墓もありましたよ。

dsc02442

青色は死後空へ行くことに由来しているらしい。墓に書かれているどういう人だったのか、どういう仕事をしていたのか、という内容は家族から聞くのではなく、作った人がただ知っているから、らしい。

dsc02446

ルーマニアで行ってみたかった場所に、気の合うロシア人と一緒に訪れることができるなんて想像してませんでしたが、何とも楽しく過ごせた。来てみるものですね。

宿も観光も食事も満喫した北部を離れて南へ戻ります。