出会いの濃度


宿のオーナーマリウスとハグして別れ、歩いてバスステーションへ。

旅は出会いと別れの繰り返しだという分かり切った、使い古した言葉を日常的に感じる日々。

生活の場でどっしりと、じっくりと向き合って育む人との関係性や距離感、深まったり変化していく過程の良さはいいけれど、旅中のさらさらした流れるような関係性もまた心地よいと感じます。

旅の中でのひとつひとつの出会いは、限られた時間だとわかっているから凝縮されて濃厚な時間になりやすく、時間を置いても色あせにくい気がします。

旅先で会ったひととはどこでいつ再会しても、出会ったときと同じ距離感と同じような感覚で過ごせるように思う。

異国で偶然同じ場所で過ごしたということと、その場所に行くことを選んだという価値観、行動力などが共通しているからでしょうか。

 

チケットを買いにバスステーションの中へ入ると、奥から2人のバックパッカーがこちらへ歩いてくる。

ここでも新しい出会い。

旅慣れた風の彼らは、アルゼンチン人のロドリゴと香港人のチャイ。

2人から声をかけてくれて、「ブルガリアに行くの?同じバスだね。日本人でしょ?見た目でわかった。」とのこと。

わたしはチャイが日本人だと思ったけど、わたしの見た目はしっかり日本人らしい。

一日一本しかないブルガリアの首都ソフィア行きのバスは、ブカレストの端にある、この大きくはないバスステーションから出るとは聞いたけど、本当にバスがあるのか不安だったので安心しました。

しかも、バスステーションにある時刻表ではソフィア着は朝の4時だか5時だかと書いてあるものの、距離的にも、マリウスに聞いても到着は夜23時ころだと言う。

どっちなんだ…。

泊まるところを予約した方がいいのかな…。安全な国なのかな…。

悩んだ末、結局宿は取らずにいましたが、チャイたちも宿をとっていないらしいし、一緒なら何とかなりそう。よかった!

 

8時間かけて着いたブルガリアはロシア以来のキリル文字の国。文字が全然読めない。

チャイがネットで探して連絡をしてくれていた駅近くの宿へ向かいます。

このときすでに夜12時近く。いやぁ、1人だったらどうしてただろう。宿の人は玄関を開けて待っていてくれているのだろうか。夜遅くに申し訳ないな。

などとのんきに考えていたけれど、着いた宿は真っ暗で、玄関には鍵がかかっていて入れない。

と、

「おーい!!!さっき予約したんだー!!!開けてくれーーーー」と門をがちゃがちゃ鳴らして叫ぶチャイ。

深夜12時過ぎ。周りには住宅もある。門からメインの建物まではわりと距離があって聞こえそうにない。

その中で叫ぶ彼。

うーん。わたしにはこんなことできなかったな。でも確かにそれ以外の選択肢はなかったのも事実。

しばらく叫びながらもインターネットで連絡を取り続け、ようやく誰かが出てきてくれました。

その彼は英語は話せなかったけれど、夜中に起こされたにもかかわらず、嫌な態度をせずに対応してくれました。

ともあれ、ベッドにありつけてよかった…。

dsc02697

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂。別の日の早朝に行ったけれど、堂内にはすでに祈りをささげる人が。

dsc02700

まだ薄暗い堂内は厳かでとても綺麗だった。

次の日はソフィアからバスで片道二時間半かかる場所にある修道院へ日帰りで行く予定だったので、一日一本しかないバスに乗るために朝早めにチェックアウト。

ブルガリアは通過してギリシャへ行く予定のチャイとロドリゴとは別れ、宿も変えて、さて楽しみにしていたリラの修道院へ!