華麗なる国境越え


この後の予定としては、クロアチアから海を越えてイタリアに渡り、ヴェネチアからインドへ行く予定にしていたので、インド行きのチケットをこのときすでに購入していました。

せっかくイタリアに行くのだからいろんな都市を見てみたいし、クロアチアもきれいな場所があるらしい。

インドへの飛行機に乗る日から日にちを逆算していくと、実はあまり日数の余裕がないことに今更気づく。

あぁルーマニアでゆっくりし過ぎたかな。チェコやポーランドにいるときは時間が余って仕方ない気がしていたのに。

ということでヨーロッパ後半は駆け足気味で巡ることとなりました。

時間があればブルガリアの東側、黒海の沿岸や足を延ばしてギリシャにも行ってみたかったし、マケドニアとアルバニアにもっとゆっくりいたかった、コソヴォとスロベニアも行きたかった…(以前ハンガリーからスロベニアへ行こうと思っていたけれど移民が多く来ていたときだったので電車が運行停止していた)。

今回はこれらの国は行かずに、またここへ来る言い訳として残しておこう。

 

ブルガリアのソフィアからバスで向かうのは、マケドニアの首都スコピエを経由した先にあるオフリドという湖畔の町。

ソフィアの駅のどこからバスが出るのかわからなくてうろうろしていると、おじさんが近付いてきて何を探しているのか聞いてきました。

バスの時間も迫っていたので、慌ててバス停はどこか聞くと連れて行ってくれるという。

ヨーロッパだからと気が緩んでいたからか、あまり疑わずにそのおじさんについていき、彼が去り際に案内料を要求してきたときには、アジアでの旅を思い出してちょっと新鮮に感じました。

アジアやインドだったら勝手に案内を始めたりツアーを紹介したりしてお金を要求することは日常茶飯事なので、まず信用しないのに。

1ユーロ渡すとそそくさとおじさんは去っていきました。

 

スムーズに辿り着いたスコピエのバスステーションは、思っていたよりも大きくて賑やかでした。

チケット売りのお姉さんは英語が堪能で親切。

バスステーションに荷物を預けることもできるので(無料)、オフリド行きのバスを待つ間、スコピエを少し歩くことができます。

が、

意気揚々とバスステーションを出ると土砂降りの雨。

傘なんて持っていないので、濡れながらも歩いたスコピエの印象は、異常に銅像が多い町。

橋の上にも、町の広場にも、大きいものから小さいものまで、人物像も、動物像も、とにかく銅像が多い不思議なところでした。

dsc02714

dsc02718

マケドニアと隣の国アルバニアには、その後の移動日数の関係上一日ずつしかいられないので、今日中にアルバニアの近くの町へ行く必要があり、両国にまたがるオフリド湖畔のオフリドという町へ。

 

dsc02723

着いたのは夜。

雨上がりの旧市街を歩き、小高い場所にある宿にチェックイン。

シーズンオフのためわたしを含めて三人しか客がいませんでしたが、静かな宿のベランダから見下ろすオフリドの夜景は素朴で美しかった。

マケドニアは夜21時以降アルコールの販売をしないらしく、しょんぼりしてスーパーから出た帰り道で、愛想のいいかわいらしいいおじさんから焼き栗を買い、その日の夕飯となりました。

dsc02741

昼間の旧市街。これが唯一の宿への看板。夜だと見つけるのは難しい。

 

翌日は順調に移動できれば、オフリドからアルバニアの首都ティラナまで行きたいところ。

国境を超えるルートは二つあり、一つはオフリド湖の北部にあるストルガと言う町でバスを乗り換えてティラナ行きのバスに乗る、北部を周る安心ルート。

もう一つはオフリド湖南部を周るルートですが、オフリドから国境近くにある聖ナウム修道院まではバスがあるものの、そこからアルバニア側の国境の町ポグラデツまでの移動手段はなし。

修道院から国境を越えてポグラデツまでの7kmを歩かなくてはいけないという冒険色の強いルート。

(このルートはこのサイトしか信頼できる情報がなかった)

修道院は見てみたいけれど、バックパックを背負って7km歩いて国境を超えるなんて無理でしょ!

ということで北部周遊ルートを選択…

したかったところ、ストルガ行きの午前中のバスはすでに出発済みで、午後のバスまでかなり時間がある。

ただでさえ今日中にティラナへ行けるか不安なので、なるべく早く動きたい。

せっかくだし、修道院経由南部周遊ルートにするか!と気合を入れてバスを調べると、これも午後までバスがない。

なんてこった。もっと早めに調べておくべきだった。。。

 

ここで時間をかけてしまうと、見たいところが多いクロアチアの滞在時間がどんどん減ってしまう。

宿のスタッフに助けを求めると、オフリド湖上を修道院まで行くフェリーがあるかもしれない、とのこと。あるかどうか曖昧なのはこのときはシーズンオフだったので運休しているかもしれないから。

そりゃ、もう、行ってみるしかないでしょ。

 

dsc02790

ということであるかわからないフェリーを運良くつかまえ(フェリーは一日一本で時間もちょうど良かった!)、オーストラリア人のおじいちゃん、おばあちゃんのツアーに紛れて、急遽オフリド湖フェリー移動で修道院へ行くことになりました。

dsc02759

レンガ造りの聖ナウム修道院で厳かな気分になり、水の透明度が半端なく美しいオフリド湖を眺めながら、、修道院脇のレストランでマケドニアバーガーなるものをたいらげて、準備万端。

dsc02814

dsc02806

詳しい地図もないし、どの道が国境へ続くのかよくわからぬまま、すれ違う人もなく、方角と勘を頼りに進みます。

修道院の裏手に周ると庭のような森のような場所があり、そこへ続く細い道をどんどん進むと小さな礼拝堂や教会がぽつぽつとあり、それを巡るようなかたちで奥へ進んでいきます。

道が合っているのかという不安や、バックパックの重さはしんどいものでしたが、森の中の道は完璧な平和で、途中に現れる池の水は本当に綺麗だった。

水の透明度、周囲の緑の深さ、空気のきれいさ、静けさは、わたしの写真技術じゃ表現しきれない神聖さがあり、浸かれば清い存在になれそうでした。(小虫の多さもすごかったが)

dsc02826

こんな道を進んでく。晴れててよかった。。。

dsc02791

時折車の音が聞こえてきて、徐々に国境へ続く車道に近づいているのがわかる。道は合っているようでした。

通る車も少ない車道を歩き、そこからは一本道なので、迷うことなく辿りついた国境。

車の中からの人々の視線や係員の怪訝な顔が痛い。そんなにマイナーな存在なのかな。歩いてくる人はいないのかな。

歓迎もなく、笑顔もなく、言葉をかけられることもなく、ましてや怒られることもなく、スムーズに問題なく通過。

スムーズ過ぎてやや寂しい。

dsc02842

あと何キロこの面白くもない車道を歩けば町へ着くのかなーと思っていると、後ろから来た一台の車がわたしの前で停車し、おじいちゃんが手招きをしている。乗せてくれるらしい。

積極的にヒッチハイクをするつもりはなかったけれど、一台くらい止まってくれないかなーなんて甘い考えは、実はあったのです。

だけど、実際に2人のおじいちゃんと1人のおばあちゃんが乗る古く小さな車に乗せてもらい、英語を話さない彼らと表情と単語だけでコミュニケーションを取り、お菓子を分けてもらい、最後にしっかりと握手をして颯爽と去っていく車を見送ると、なんかもう、この人たちは善意と優しさだけでできているんじゃないかと思う。

そんな優しさの塊みたいな人を引き寄せて出会えた幸運を味わって、ふと気づく。

ここはどこだ?