二度目の置いてきぼりと思わぬ再会


ドブロブニク(クロアチア)行きのバスは、今いるウルツィニ(モンテネグロ)のバスステーションから朝6時に出発する予定でした。

まだ夜が明けきらない薄暗い中、新しい国への期待と不安とともにバスステーションへ向かいます。

チケットを買う窓口はまだ開いておらず係の人もいません。

バスステーション内は広くがらんとしていて、端にあるベンチではおじさんが夜通しバスを待っているのか、横になって寝ている。

このおじさんもクロアチアに行くのかな。

 

窓口は出発時間が近づいた10分前ほどに開き、すかさずさっきのおじさんがむくりと起き上がり、窓口で何かを尋ねてまたベンチへ戻って横になる。

バスは、遅れているのだろうか。

今思い返すと、以前もルーマニアでバスを乗り過ごした経験があったのに、なぜこのおじさんが同じバスに乗ると確信していたのか、なぜバスが確実に来るはずだと思っていたのか、にわかに信じ難いのだけれど、出発時刻を10分過ぎてあれ?と思ったときには、もちろんもう遅かったのでした。

またやってしまった。乗り過ごした・・・

 

すぐに窓口でクロアチア行きのバスについて尋ねてみても、なぜそのバスが来なかったのか理由がよくわかりませんでした。

バスは予約しなくてはならなかったのか、そもそもそのバスはなかったのか(バスステーションの時刻表には書いてあったけれど)謎だけど、どうしようもない。

直通のバスは諦め、モンテネグロ北部の観光地コトルを経由することにしました。

コトル行きのバスは一時間半後。いったいなんのための早起きだったのか。

DSC03025

ぼんやり時間を過ごし、やっと来たバスに乗り込むときにはキレイな朝焼けの空。キレイだけれど悔しい。

ブルガリアで会ったたく・ゆうこ夫妻もコトルにいるらしく、予定外に再会できたことは結果的によかったけれど、でもやっぱりなんだか悔しい。

バスのチケット代以外に荷物代1ユーロ取られたことも悔しい。

無意識に他人任せで依存していた自分が情けない。しっかりせねば。

 

コトルのバスステーションは、小さいながらもさすが観光地だけあって、制服を着たスタッフがいつもいるし、荷物を預けることもでき、小さなキオスクやベンチもたくさんあり、整っていました。

ドブロブニク行きのバス時間を確認して、さて、気を取り直して、コトルの旧市街へ。

たく・ゆうこ夫妻と合流し、古くかわいらしい旧市街を散策。

石やレンガでできた重厚な建物の間を、色とりどりの洗濯物が空でつなぎ、ねこが石畳の上を歩き、窓辺は緑や花が置かれる。

久しぶりのヨーロッパ的街並みにうきうき歩きました。

 

DSC03095

DSC03084

町の上に残る4.5kmにわたる城壁からは町を見下ろすことができて、赤い屋根と青い静かな海、それとそこに停まっている豪華客船を一度に見れて圧巻でした。

城壁を上りきるのはちょっとした山登りのような感覚で、ネパールの山々を歩いてきた2人に比べると、わたしは慣れておらず大変でしたが。。。

DSC03054

城壁を上る入り口で入場料を取られる。看板ねこもいる。

DSC03068

DSC03061

これは途中の景色。さらに上ると…

DSC03071

これが城壁の一番高いところからの景色。左に移っている城壁から撮ったのがひとつ前の写真。

町を満喫し、ごはんを食べ、あたたかい2人に見送られてドブロブニクを目指します。

この町も赤い屋根と海が見渡せる魅力的な町。

晴れますように。