【ハンガリー】保養地シオフォクの湖畔で足止めを食らう寂しい夜

ハンガリー

オーストリアからの旅程は何も決めていないと以前書いたけれど、

ユーラシア大陸をぐるりと回る、ロシア→ヨーロッパ→インド→アジアというおおまかなルートは決めていました。

モスクワで出会ったアーヤも同じような時期にインドへ行く!ということを聞き、デリーで待ち合わせることになりました。

早速チケットを探してみると、ヨーロッパからインドに行く一番安い航空券はヴェネチアからの便でした。

じゃあ、イタリアを10日間くらいかけて南から縦断しよう♪と決めて、

ではイタリアへ行くにはどこから行けばいいか調べると、クロアチアからフェリーで行くのが面白そう。

こうやって逆算して残った約2週間をイタリア以外のヨーロッパで過ごすことにしました。

東ヨーロッパの国々を調べてみると、クロアチアやスロベニアが自然も多くて面白そう。

今いるハンガリーのブダペストからはクロアチアの首都ザグレブまでわりとスムーズに電車でもバスでも行けそう。

でもせっかくハンガリーに来たので、ブダペスト以外にも寄ってみたくなり、ブダペストとザグレブの間にあるバラトン湖畔にあるシオフォク(Siofok)という町に行ってみました。

このころ、実はWorkawayというシステムに登録していました。

これは、与えられた仕事をする代わりに、食事と宿泊をさせてもらう交換システムのマッチングサイト。

仕事の内容は家事から農作業、ゲストハウスの掃除など多岐にわたります。

シオフォクに立ち寄ることにしたのも、実はこのWorkawayでブダペスト近郊に住むホストと連絡のやり取りをしていて、もしかしたらブダペストに戻るかもしれない、と思ったためでした。

現地の人と関われるし、深い体験ができそうだったのですが、残念ながらタイミングが合わず今回は利用できず…。使ってみたかった!

DSC02002

到着したシオフォクは、緑に囲まれた駅があるこじんまりした小さな町。

おそらく夏のオンシーズンだと湖で遊ぶ人がたくさん訪れる避暑地という感じ。

訪れたのは10月のオフシーズンだったこともあり、がらんと寂しい雰囲気。

湖は穏やかで、すっきり晴れた空の青と湖の薄い水色のコントラストがきれいでした。

DSC01998

町には民宿やペンションのような宿泊施設がたくさんあるし、駅前にはレストランや商店が並んでいる。

けれど、大半は見事に閉まっている。

宿を探す時点で営業しているか怪しいところが多かったため、ある程度は予測していたものの、ここまでとは思わなかった。

予約した宿は客がわたし一人。広いペンション貸切だー。

しかも英語を話せるオーナーは不在で、その家族と思わしき方が対応してくれて、ドミトリー料金で三人部屋を使ってよいとのこと。

いつもならば「ひろーい、わーい!」となるところ、「ちょっと寂しいなぁ…」としんみりしてしまいました。

DSC01995

気を取り直して、明日のザグレブ行きのチケットを買いに行こう!と駅へ向かう。

途中で気分を上げるためにアイス食べたり、

花を愛でながら遠回りしたり、

半ば強引に気分を高めて向かった駅で、愛想のないチケット窓口のおばちゃん達が一言。

クロアチアへ行く電車はない、と。

ない?ないってどういうこと?なんで?

アフリカの移民がたくさん来ているから、だそう。

移民のことはニュースで知っていたし、オーストリアの駅ではその厳重な警備で実感もしていたけれど、まさか自分がこんな形で影響を受けるとは。

後から知ったのですが、このときハンガリーとクロアチア間はすべての交通手段が止まっていて、行き来できなかったようです。

にわかに信じ難かったけれど、クロアチアとスロベニア行きの計画が無念に崩され、わたしはブダペストに戻るしかないっぽい。

ひとりの強みはすぐに計画変更可能なこと。

仕方ない。ブダペストに戻って、クロアチアとは反対側のルーマニアへ行こう。

なんだかちょっと負けた気分になりつつも、窓口のおばちゃんからブダペスト行きのチケットを買い、チーズとビール(安い!)も買って広い部屋で晩酌して眠りました…

結果、シオフォクに一日観光に来ただけになってしまった。

その後戻ったブダペストでは、見逃していた聖イシュトヴァーン大聖堂へ行ったり、

お土産のパリンカを買ったり、

ブダペスト東駅(西駅は美しいマクドナルドがある方)を見学したりして、結構楽しんだし、良かったんですけどね。

DSC02009

この素敵なブダペスト東駅から電車で向かうのは、ルーマニアの西側(ハンガリー側)にあるティミショアラという町。さてどんなところなのかな。

タイトルとURLをコピーしました