【京都のレトロパン屋】懐かしさと新しい味わいを作り続ける老舗パン屋7選

京都

京都は今も昔もパンの町。

バターたっぷりさくさくのパイやクロワッサン、ライ麦や全粒粉を使ったどっしり味わい深い欧風のパンなど、異国の味を提供する新しいパン屋さんがたくさんあります。

一方で、何代も受け継いできた老舗のパン屋さんもまた、京都の人々に愛され、食卓を彩ってきました。

コッペパンやジャムパン、クリームパンなどのお馴染みの味から工夫をこらした新商品まで、「ここの味じゃないと」というなくてはならない存在のお店が、まだまだたくさんあります。

今回はそんな懐かしくも欠かせない老舗のパン屋さんを7件ご紹介します。

コッペパンやブドウパンは給食の思い出…

ノスタルジーに浸る絶好のきっかけになりそう。

見た目の派手さはなくても、誰もがほっとするような懐かしい味わいを手に入れて、ゆっくりした朝食やおやつの時間を過ごしてください。

まるき製パン所

西本願寺から北へ進み、五条通りを渡って5分。

松原京極商店街の中に一際賑わうお店がまるき製パン所です。時間帯によっては行列ができるほど人気。

奥の工場ではいつも忙しなく、かつ手際よく働くみなさんをショーケース側からのぞけます。

対面式で注文を伝えると、瞬時に計算して教えてくれるのでスムーズにお会計をしましょう。

一番人気はコッペパン

メニューはハムロールやカツロール、コロッケロール、ウインナードッグなどどれもシンプルで定番だけど飽きの来ない味。

個人的にはエビカツロールがおすすめです!

値段もお手頃でぺろっと食べれるので2~3個は食べれちゃいます。

シンプルなドーナツもこっそり好きでついでに買ってしまうパンのひとつです。

天狗堂海野製パン所

三条商店街の千本通り側入り口から、商店街には入らず西へまっすぐ進み、御前通りの角に町に根付いた天狗堂があります。

しっくり馴染みすぎてて通り過ぎそうですが、ショーケースに並ぶたくさんのパンを見つけられるでしょう。

創業90年を超えるパン屋さんのラインナップは、コロネやクリームパンなどの定番おやつパンから、焼きそばパンやハムエッグなどの総菜パン、そして食パンやバターロールなどの食事パンまで幅広いです。

食卓のいろんなシーンの要望に応えてきたのがわかる。

おやつにぶらりと立ち寄るもよし、明日の朝食用に買うもよしです。

大正製パン所

北野天満宮も徒歩圏内の千本今出川にある、大正8年創業の大正製パン所です。

限られたスペースに様々なパンが売られる奥には、小さめのイートインスペースがあります。

一番人気のカレーパンはレジ横にありますのでお忘れなく。お家での再加熱の仕方も書かれていて、その通りに温めると出来立てがよみがえって美味しいです。

焼きそばパンなど定番の総菜パンや菓子パンもありますが、特徴的なのは季節ならではのアイディアパンが豊富なこと。

夏には冷やしあんぱんが冷蔵庫に並んだり、受験のシーズンには合格パンなど思わず手に取ってしまう魅力があり、飽きません。

定番と季節限定を味わってください。

ベーカリー 柳月堂

出町柳駅前にあるパン屋さんで、二階は名曲喫茶になっています。

卸売専門のパン屋として開業したそうで、一気に大量のパンが焼ける大窯が備えられているとのこと。

そのためか、店内はパン工場の一角を小売用に使っているような印象があり、奥の工場から次々に焼き立てのパンが運ばれてきます。

陳列や内装もシンプルで工場的ですが、パンの味は間違いない美味しさで、特にくるみパンが有名です。

店先のテーブルと椅子で食べることもできますし、ドリンクを注文すれば二階の喫茶店にも持ち込んで食べることができます。

名曲喫茶には私語厳禁のリスニングルームが設けられ、純粋に音楽を楽しめる設備が整っています。

この投稿をInstagramで見る

名曲喫茶柳月堂の珈琲/ベーカリー柳月堂のこしあんぱん 扉を開けてすぐ右手の談話室に入る。バーカウンターに腰をおろし、フェルメールの絵が表紙のメニューブックを手に取った。アルコールを含むドリンク類をはじめ、烏丸御池近くのトゥレ・ドゥーと京都ホテルオークラのケーキが数種類ずつ。土曜ならトーストも注文できる。この日は階下のベーカリー柳月堂で買ったこしあんぱんを持ち込んでおり、食べたい旨を申し込むとお皿とナプキンをセットしてくれた。ちなみにベーカリー柳月堂のレシートには音符がデザインされている。 クラシックに詳しくはないけれど、聴くことは好きな方だと思う。漂う音楽に耳を傾けていると目の前の棚に楽団の小さなフィギュアらしきものが並んでいることに気がついた。いま店に流れている音楽は彼らが演奏しているのかもしれない。妄想がムンムンとふくらんだ。 口の中はマグカップに注がれたブラックコーヒーと、さらさらほどける漉し餡の甘苦二重奏。パンを飾る黒胡麻は打楽器のごとくその役割を果たしている。 京都市左京区田中下柳町5-1 名曲喫茶柳月堂10:00open #kyoto #京都 #instajapan #京都カフェ #京都モーニング #kyotocafe #instakyoto #京都グルメ #kyotocoffee #京都珈琲 #京都喫茶店 #京都パン屋 #名曲喫茶柳月堂 #ベーカリー柳月堂 #京都純喫茶 #純喫茶 #あんぱん #magokyoto #出町カフェ

京都の朝ごはん(@mago_morning)がシェアした投稿 -

ブルーデル

二条城近くの住宅街にひっそりとある町のパン屋さんブルーデルです。

店内は限られたスペースにぎっしりとパンが並び、あたたかい雰囲気が漂います。

アンパンマンのパンなどキャラクターパンが数種類あることからも、近所のご家庭に欠かせない存在であることを感じます。

店頭販売はもちろんのこと、お店が休みの日も車でパンの配達をされていて幅広い需要がありそうです。

イノダコーヒーのモーニング「京の朝食」についてくるクロワッサンはこちらのパンです。

マンハッタン

壬生寺から南へ下がったあたりの住宅街にあるパン屋さんです。

目の前に中学校、高校があるので平日の朝は学生で賑わっています。

ガラス張りの店内は自宅を店舗スペースに改修したかのようなアットホームな雰囲気があります。

菓子パンや総菜パンが多くあり、フランスパン生地のあんバタが人気ですが、私の一押しはクロワッサンです。

個人的に老舗のお店は菓子パンや総菜パンなどの何かとの組み合わせパンが美味しいと思っていましたが、こちらのクロワッサンはそれだけで美味しい。そして手頃な価格。

外国風の新しいパン屋でパイやクロワッサンが美味しいお店は多いですが、それなりの値段でのクオリティです。

味も値段設定も、まさに日常で毎日食べるパン屋という感じです。

パン工房太子道

バス通りである西大路通に面した小さなパン屋さんです。

店内は奥の工場から漂う小麦粉とパンが発酵する香りがして、何となく粉っぽい感じが、「ここで今作っている」ことをひしひしと感じます。

店先に「米粉のパン」と謳っている通り米粉配合のパンが数種類あり、好みで選べます。

ロールパンや食パンなどの食事パンのイメージが個人的にはありますが、総菜パンや菓子パンも豊富です。

老舗の長い歴史を噛みしめながら充実のパン時間を

長くお店を続けてこられたお店は、求め続けられた味があります。

その味を守りつつも新しい味や商品に挑戦しながら、食卓を守り続けてきたのです。

スタイリッシュなおしゃれパン屋さんもいいですが、老舗パン屋を巡るのも京都ならではかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました