プロフィール

こんにちは、米山翼と申します。
サイトをご覧いただきありがとうございます。

わたしは リハビリの専門職である作業療法士として10年弱働いていましたが、
現在は京都のゲストハウスで働きながら、海外留学に関する個人アドバイザー、エージェントをしています。

大学生の頃に思いつきのように短期留学をしてから海外旅行の心地よい刺激に目覚め、これまで訪れた国は30数カ国。
一人だったり友人と一緒だったりと様々ですが、その全てがツアーではなく自由な個人旅行です。

わたしの自己紹介とともに、どんな経緯でそんなに旅行するようになったのか?などをお伝えします。

転勤族だった小学生、人見知りで引っ込み思案な学生時代

わたしの家は引越しが多く、小学校は三度転校しました。
内気で人見知りだったわたしは、転校から数カ月はいつも緊張と不安でいっぱいでした。
クラスに馴染むことばかりを考えていて、いつも自信がなかったように思います。

今になって思えば、このときいろんな場所へ移動することが普通の生活だったからこそ、
わたしの中の「旅行気質」が育ったのかもしれません。

小学校~中学校のことをあまり覚えていないほど、
特別に目立ったことをせずに日々を淡々と過ごしていたように思います。

何の気なしに決行した海外デビューと初めての個人旅行

地元の高校に通い、大学進学は実家を出て一人暮らしを始めました。
アルバイトや学校に忙しく、時間はあっという間に過ぎていきましたが、大学二年生の春休みにふと語学留学に行こうと思いつきます。
三年生になると実習が始まるので時間が取れなくなるだろうということと、
周囲の人がやらないようなことがしたいという天邪鬼的な気持ちから、
インターネット上で留学斡旋をしている方を見つけて申し込みました。
パスポートも持っていない状態から、学校を決めて航空券を予約して、スーツケースをレンタルして…と初めてのことだらけでした。

行き先はオーストラリアのシドニー。
青い海のビーチが美しい、ボンダイビーチのそばの学校でした。
語学学校にコーディネーターなどを行う世話係のような日本人スタッフがいて、空港からホームステイ先への移動、学校紹介や近所の絶景ポイントへの移動などとてもスムーズでした。
ステイ先の方と緊張で震えながら初めて話した場面は、たぶんずっと忘れられません。

英語はうまく話せないし、みんなの輪に入るのに時間がかかるわたしですが、
周囲の助けもあって、とても充実した楽しい時間を過ごしました。
留学が短期間なので英語が上達したわけでないし、失敗や恥ずかしい思いもしたけれど、
毎日が新鮮であっという間でした。

同じ年の夏には、友人とタイへ自由旅行(いわゆるバックパッカー旅行)をしました。
不慣れで何も決めずに行ってしまった私たちでしたが、何とか過ごした10日間ほどの旅行は、今でも思い返す最高の時間でした。

何かに追われ続ける社会人時代

大学卒業後はある病院に就職しました。
信頼のおける先輩に恵まれ、厳しく忙しいけれど勉強になる環境でした。
だけど、病院というシステム、時間や仕事に追われる日々でこころの余裕はなく、
いつもどこかで辞めることを考えて、次の休みの日だけを楽しみに過ごしていたように思います。

そのころは、人間関係に悩んでいたこともあり、自分に自信がなく自分のことが嫌いでした。

「 毎日を楽しく過ごしたい」
「自分のことを好きだと思えるようになりたい」

そういう思いと、楽しかったオーストラリアへの短期留学が頭に残っていたので、
5年勤めた会社を退職して、ワーキングホリデーに行くことにしました。
今度は長期の海外生活。行き先はもちろん、オーストラリアです。

理想とのギャップに悩んだ二度目のオーストラリア

以前とは別のエージェントに依頼して、海外生活の基盤を作っていきました。
語学学校は現地で見学して決めて、シェアハウスを探し、携帯電話を持ち、銀行口座を開く。
自分のスペックを上げていくようで、やってみることすべてを吸収して成長している実感があり、充実していました。
学校が始まると、新しい友人ができ、授業も理解できるようになって、どんどん馴染んでいきました。

そして、早々に、停滞しているような気持ち悪さとともに、あまり楽しいと思っていない自分に気づきました。

毎日が楽しくて時間があっという間だった以前の短期留学とは違って、楽しくないのです。
わたしは動揺し、焦ってもいました。
同年代の友人は、日本で着々と自分のキャリアを積み重ねたり、家庭を築いたりしていたからです。
わたしは海外へ行くという道を選んだのだから、ここで幸せに楽しく充実した時間を過ごしていなければならなかったのです。

学校を変えたり、アルバイトを始めたり、週末にある地域のイベントに行ってみたりと忙しく動くようにしました。
だけど大きな効果はないまま時間は過ぎ、4ヶ月間の学校を卒業し、国内旅行に旅立ちます。

悩み続けた先で解放の糸口になった友人の言葉

オーストラリアのワーキングホリデーには、地方で農業仕事などに一定期間従事すると、2年目のワーキングホリデービザを申請できるという制度があります。
わたしはその2年目ビザの申請を目指して農業仕事を行い、無事に申請する権利を得ましたが、
その間もどこかにもやもやしたモノを抱えて、「充実」を演じていました。

農業仕事を終えたので、近くの大きめの町に移動してそこから西の都市パースへ向かう予定でした。
移動拠点となるアデレードというその町でたまたま泊まったホステルが居心地よく、友人もできたので、結局だらだらと数ヶ月を過ごしていました。
ある夜、タバコを吸う友人に付き合って外で話していたとき、何気なく自分のもやもやした晴れない気持ちを話すと、彼女は、

「自分のキャラが立つまでがきついよね」

と何気なく言いました。
彼女はそのときは英語がぺらぺらだったのですが、オーストラリアに着いたときはほとんど英語が話せず、ホームステイも上手くいかず、アルバイトはトラブルがあって続かないという状態。
アデレードに移動してからは、 同じカフェに毎日通って自分で英語を勉強しながら、夜はパブに行って話し相手を見つけてひたすら話すという実践で、今の英語力を身につけたらしい。
アルバイトはせず、 ホステルの清掃スタッフとして同じホステルに住み続けていました。

彼女は他人と自分を比較せず、自分の思う道を進んで自分のキャラを立て、そのときを充実させて過ごしていたのだと感じました。
彼女は毎日とても楽しそうに笑顔で過ごしていました。

わたしはその一言によって、何かの呪縛から解放されたような、自分を受け入れてもらえたような、不思議な落ち着きを取り戻していました。

世界を見る視点が変わって、日本からいろんなところへ飛び回った

オーストラリア滞在中にアジア旅行に行きましたが、隣の国へと移動していく中で、

「こうやって移動していけば、世界一周ってできちゃうんだなぁ」

と、気づきました。

遠い憧れのようだった世界一周旅行が現実に降りてきて、自分の視点が広がっていることに気づきました。新鮮な発見でした。
大学生の頃、震えるほど緊張して臨んだ海外旅行が、いつの間にか身近になっていて、世界を見る視点が変わっていたのです。

その後、2年目のオーストラリア生活を経て帰国しました。

帰国直後は、日本という環境でどういう生き方がしたいのかわからなくなり、しばらくふらふらといろんな場所へ出向いたりしているうちに、京都に住むことになりました。
そこで今もお世話になっているゲストハウスと出会います。

その後、時間をつくっては海外旅行に出かけ、訪れた国は30ヶ国以上になりました。

そんなわたしができること

自分の性格や人間関係から、生き方とか将来について悩み、海外にヒントを求めて飛び出しました。今でも悩んだり考えたりするし、これからもそうやって進んでいくんでしょう。

同じように悩んで、解決の糸口が見つからずにもやもやしている人はたくさんいるんじゃないかと想像しています。
わたしのように海外へ行くことで変わった人がいることを知っておくだけでも、ちょっとした改善の光になるかもしれません。
今までの経験がなにかのヒントや誰かの背中を押すことにつながるよう、これからも情報発信をしていこうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました