ドラキュラ伯爵の城


シビウからバスで向かったのは、ドラキュラ城のモデルになったブラン城が有名なブラショフという町。

トゥンパ山が近く、町の背景には山の緑がある素敵な町…のはずが、わたしの行った日は雨ですごーく寒かったので、残念ながらわたしにとっては暗くて寒い町、という印象です。

町の中心部にある観光案内所に、ブラン城までの行き方を聞きに行ってみると、あいにく昼休憩で閉まっていたので、近くにあった中華料理屋でとりあえず腹ごしらえ。(このとき非常に野菜と醤油の味が恋しかったもので思わず中華)

自力で調べ、何とかバスステーションまで辿り着き、ブラン城行きのバスに乗りました。

dsc02603

雨で天気が悪いことと山が近いこともあり、小高い場所にあるブラン城の周囲はうっすら霧がかかり、昼間なのに薄暗く、バス通り近くに墓地があったりして、すでに全体の雰囲気がホラー映画状態。

週末だったので観光客が多くて寂しい気持ちにならず、いつもならうんざりするところ、今回は逆に良かった。

城自体が、すっごいキレイ!だったり、調度品が美しい!やレンガ造りがたまらない!という興奮はあまりなく、それよりも城から見下ろした町が、「山間の田舎町にドラキュラ伝説があり、夜には女性の叫び声が聞こえるという噂が…」といった小説に出てきそうな雰囲気のある町でしたよ。

城内は資料館になっていて、城の造りに始まり、その地域の歴史やドラキュラのモデルとなったヴラド三世について、彼の行った串刺し刑について、また、ドラキュラの小説や映画にまつわる話がたくさん展示してありました。これは面白かった。

dsc02602

dsc02587

dsc02591

dsc02594

彼がドラキュラ伯爵のモデル、ヴラド三世。

晴れた暖かい日だったら町中のいろんなお店が並ぶ通りをぶらぶらするのも良さそうなのですが、天気のせいか人がいなくて閉まっている店も多いので、早めに宿へ戻りました。

宿の受付でビールを買い、暖かいリビングルームのソファで、隣にいたドイツ人のおじさんとビール話で盛り上がった夜でした。

宿で出会う人が気さくないい人ばかりだったけれど、部屋の隣のベッドで寝てた男の人は一日中パソコンを見ているネット中毒みたいな人で、その彼が夜中突然嘔吐し、自分の荷物やシーツを汚しながらも寝続けているという意味不明な人だったのが気持ち悪かった。。。

dsc02607

右の建物は銀行。かっこいい。

次に向かうのはルーマニア最後の目的地、首都ブカレスト。

シビウで会ったジェシーお勧めの宿に泊まります。