しわくちゃな手


ルーマニアの田舎の方を見たい、北部に残っているという木造教会を見たいと思っていたのでティミショアラから電車で北部の方へ移動。

ウクライナとの国境付近の小さな町への移動拠点となりそうなクルジュ・ナポカという町へ来ました。

後から実感したのですが、ルーマニア国内の移動はバスが便利です。

10日間ほどのルーマニア滞在で電車を利用したのはこのときの移動だけで、後は全てバスでした。

本数が多いし、小さい町への移動はバスしか手段がなかったりします。

しかし、このバスが曲者。

ルーマニア国内もしくは近隣諸国へ向かうバスを検索できるサイトがあるのですが、バスステーションに行って記載されていた時間のバスを待っていても来なかったり、時間が変わっていたり、逆に本数が増えていたり、実は予約をしないと来ないバスだったりと非常に信用ならない情報なんです。

 

あと、小さな町で多かったのはバス停そのものがないこと。

目的の町付近へ入ったら、そこから人々は降りたい場所が近づくと運転席へ向かって行き、詳しい場所を告げて降りて行きます。

わたしはてっきり長距離バスステーション的な決まった場所があると思っていたので、最初は焦りました。

どこで降りるべきなのかさっぱりわからなかったから。

宿の場所を伝えても、大抵の安宿がそうであるように、大通りから離れた場所にあるので運転手はその宿の場所がわからず、よってわたしを降ろすべき場所もわからない。

結果、だいたい町の真ん中くらいかな、みたいな場所で降ろされます。

そこからは地図と勘と周囲の人を総動員して自分が目指す宿を探すのです。宝探しみたいで面白いんですけどね、その時は必死ですけど。

 

さて、結果的にレアな移動となった電車移動ですが、これもなかなかシステムがわからなかった。

出発駅に到着した一本の長い電車は、目的地の途中までしか行かない車両、途中で別のルートへ向かう車両など、異なる行き先の車両がいくつもくっついて構成されていたようです。

各車両の入口には目的地らしき単語が紙に書いて貼ってあるのですが、目指すクルジュ・ナポカは見つからない。

出発時間も迫るしよくわからないので、近くの車両へ入り、チケットに記載の座席に座っていると、見るからに優しそうな笑顔のおじいさんが近くへ座りました。

英語が話せないようなので、なんとなく挨拶を交わしてチケットを見せてみると、急に慌てて席を立つよう促される。
見事に間違った車両にのんびり座ってたようでした。

おじいさんはわたしの手を引き、その車両よりだいぶ先の正しい車両まで案内してくれて、座席も確認し、最後に大きなしわくちゃな手でもう一度握手をし、自分の車両へ静かに戻って行きました。

 

ひとの温かさは、言葉がなくてもしっかり伝わりますね。

普段、わたしは他人に対してそんな伝え方をしているかな。

 

電車では、席が近かった若い人が英語を話せたのでいろんな話をし、ヘアピンカーブで有名なトランスファガラシャンという山道の観光を勧められました。

ここは冬期は閉鎖されてしまうので、ぎりぎり間に合うかなと後ほど行ってみたものの結局見れませんでした。残念過ぎる。

dsc02111

dsc02093

dsc02122

クルジュ・ナポカの町はそれほど大きくなく、正直に言うとあまり印象に残らない町で、逆に言うと長く滞在するには過ごしやすいのかもしれません。

町の中心部にレストランや役場、教会、本屋、店が集まっていてその周囲に学校があったり、一部には古い石造りの道や城壁跡があったりします。

わたしが訪れた日が雨の寒い日だったので、どうも印象が暗いのですが、可愛らしいカフェやパン屋も見かけたし、なぜか古着屋が目立って多かったように思います。

dsc02084

パパナシという揚げドーナツにサワークリームとジャムをのせたデザート。あまーい。

dsc02097

dsc02105

町よりもそこに行くまでのひととの出会いの方が思い出に残ってるな。

明日は、無事に行けるかわからない未知のルーマニア北部へ移動します。