雨の中の白い町並み


クロアチアのドブロブニクに着いたのは夕方近く。

有名な旧市街地とバスステーションは少し距離があり、予約した宿はその中間くらいの中途半端な場所にありました。

アパートの入口のようなところに宿の看板が出ていて中を覗くと、おばさんが髪を切っている。

美容室?

この奥に宿の受付があるのか?と中へ入ろうとすると、おばさん美容師が愛想良く、「ホステルに行きたいのよね?二階へ上がってちょうだい!男の人がいるから部屋に案内してもらって」とのこと。

言われるがまま二階へ上がってチェックイン。

先ほどのおばさんは一階で美容室をしながら宿も切り盛りするスーパー働き者おばさんなのでした。

チェックアウトの時にちょっとしたお土産もくれた、旅人をもてなすことを喜びにしている人。

 

バスステーションからも旧市街地へも歩いていける距離にある宿にしたので、荷物を置いてさっそく暮れかかった旧市街へ。

クロアチアの町並みを興味深くきょろきょろしながら歩き、途中で見つけたお店に寄ったりしながら進むと、どんどん暗くなってきました。

小雨が降る中、きちんと地図を確認しながら歩いていたのに…

なのに、こういうときにはなぜか必ず迷う。

坂道や階段を上ったり下ったりしながらやっと旧市街地の灯りが見えたときには、救われたような気持ちになりました。

救いの旧市街地の灯りを遠目から。

旧市街地をぐるりと囲む長さ1900メートル、高さ20メートルの城壁をくぐると、そこは雨で濡れて白く光る石の世界でした。

壁や道や階段、教会などがすべて石でできており、それらが街灯で照らされてきらきらしていて、さっきまで暗い中をうろうろしていた町とは別世界のようでした。

旧市街の中はレストランやカフェがたくさんあります。

海の町に来たので待望のシーフード!をビールとともに。

迷ってたくさん歩いた後のこのレストランはとてもよく覚えています。美味しかった!

翌朝、前日の反省をもとにバスを使って旧市街地へスムーズに行き、城壁に上って町を見下ろしてみると、町全体がよくわかる。

海に突き出た城壁に囲まれたこの町が、海洋貿易で栄え、他の場所とは一線を画した自律的な場所であっただろうことが想像される。

それにしても、屋根の色や素材が揃うと、こんなにも統一感があるものなのか。

この日は曇っていたけれど、晴れていれば海がもっと色を持ち、屋根の色も引き立って、キレイなんだろうな。

次に向かうのは細長い形の国であるクロアチアの中間あたりに位置するスプリットという町へ。

アドリア海に浮かぶ島々や、イタリアへのフェリーが出航する港町。

ここからイタリアへ渡ります。