憧れのクリムトとウィーンに酔う


ザルツブルグから電車に乗り、夕方にウィーン到着!

DSC01289

地下鉄や路面電車がたくさん走り、レストランやカフェ、ファーストフード店がたくさんあり、観光客も地元のひとも夜遅くまでたくさん出歩く、都会にやってまいりました。

予約していた宿にチェックインし(二段ベッドの上段へ上るはしごが存在しないベッドに初めて遭遇した。イスを踏み台のようにして上る。)、宿の周囲を散策。

ウィーンは楽しみにしていた町の一つ。

三泊四日分を思い切り観光に充てる予定で、わたしにしては珍しく、いくつか見たい場所を予め調べてありました。

到着したこの日はすでに外も暗くなってきていたので、宿の中にある小さなバースペースでハッピーアワーのビールを飲み、近所のスーパーで買ったものを使ってパスタを作って食べ、早めに就寝し明日に備えました。

 

翌土曜日は朝から蚤の市がありました。

天気は快晴。

がらくたのように見える品々やいつからこの場へ出され続けているのだろうと思うドアノブやフックが入った段ボール、もはや布切れの山にしか見えない服や靴、絵、家具、食器、その他なんでもあり。

まさに蚤の市。

憧れのウィーン!というフィルターを通して見ると、なんだかすべて素敵に見えてくる。

錆びた鍵も意味不明な物体も、味わい深いものに見える。

DSC01294

本当に迷ったけど結局買うのを諦めたやかんとお鍋。かわいい!

DSC01296

DSC01295

だけど、そこまですべてが安いわけでもなく、加えてこれからも旅を続ける身には物が増えることは困った問題になってしまう。

ウィーンだけではなく、どこに行ってもせっかく来たのだからという気持ちはあれど、本当に欲しいと思ったものだけを厳選して自分へのお土産に買う事にしていました。

雰囲気は十分に味わって市を後にし、蚤の市会場の隣につながっている常設の食品市場ナッシュマルクトを通り、町の中心部へ向かうことに。

中心部にある国立オペラ座を目指していると偶然通りかかった見覚えある建物。

セセッション館!!

DSC01297

わたしのウィーンに来た目的はグスタフ・クリムトが大好きだから。作品をひとつでも多く見たかったから。

この名前を聞いたことがないひとも、彼の作品は必ずどこかで見たことがあるはず。

わたしが彼の実物の作品を初めて見たのは、2010年オーストラリアにワーキングホリデーで滞在中、メルボルンで開催されていたウィーン美術の展示会に行ったときでした。

芸術に疎いわたしがこの展示会に行った理由は、休みの日に通りかかったらたまたま開催されていたから。

加えて、芸術は疎いけど「休みの日に美術館を訪れて芸術に触れている自分。しかも海外で」というシチュエーションに酔ったという何とも軽々しい理由もあったのですが、とにかく中に入って衝撃を受けたのですよ。

数人が重なるように描かれたパターンのような書き方だったり、暗く毒々しい色づかいがあったり、何もかも包み込むような柔らかい女性の表情だったり、すべての細部を目に焼き付けたくなるような、惹かれるものがあったんです。

そのメルボルンの展示会で見た絵のひとつが本来展示されている場所が、セセッション館。

この日は他に行く場所を決めていたので中には入りませんでしたが、ウィーンにいることを強く、強く実感した場面でした。

 

国立オペラ座に来たわたしの目的はオペラ座のチケットではなく、観光バスのチケットでした。

日本を含め、世界各地の観光都市を走っている二階建ての大きなあのバスです。

ウィーン観光をした友人に「Big Bus」という観光バスが便利と聞いていたので購入を決めていたのです。

いくつかの観光バス会社が競合していますが、同じようなサービスと同じようなルート、同じような料金なのでどれもあまり変わりはないと思います。

Big Busのチケットは一日券、二日券など数種類ありますし、その内容や値段をよく考えて購入すればよかったのですが、チケットを買うとき、その日に参加したかったwalking tourの開始時刻が迫っていたので、あまり考えずに購入してしまったのでした。

結論から言うと、わたしには、それなりに値が張るこのバスチケットは不要だったと思います。

理由としては、バスの本数が少なく運行時間が決まっていないこと、運行が一方通行なので乗車場所によっては行きたい場所へ行くのに時間がかかり過ぎること、サービスでついていたドナウ川クルーズが個人的には魅力的でなかったこと、です。

買ってしまったから利用していましたが、意識的に利用しているというだけで便利だとは思いませんでした。

ウィーン観光は主要な場所を網羅していて、本数も多い地下鉄とトラムが便利だと思います。

 

この日はホテルザッハの本場ザッハトルテを食べて(すごく甘い)、ベルヴェデーレ宮殿(belvedere)でクリムトの作品を堪能し、無料の教会コンサートに出かけるという忙しない一日でした。

DSC01335

ホテルザッハのザッハトルテ。昼食の代用になるほど食べ応えあり。

DSC01343

クリムトの「接吻」があるベルヴェデーレ。

DSC01348

オペラ座脇のスクリーンにはその日の上演がそのまま映し出される。無料でオペラ座体験できる。

初日に目的のものを見て満足ではあったのですが、どこかに「見るべき物を全部見たい」という焦りは変わらずあったのでした。