葡萄畑と海とカラフルな村


前回書いた通り無事にインドビザが取れたので、心配することなく思い切り観光しますよっ。

 

実はピサでの目的は有名な斜塔ではなく、ピサから電車で一時間のところにある「チンクエ・テッレ(Cinque Terre)」でした。

ここはブルガリアとモンテネグロで会ったたく・ゆうこ夫妻に勧められた場所で、彼らの写真を見たり話を聞いて行ってみようと決めたのでした。

チンクエ・テッレは五つの土地という意味で、その名の通り五つの村が連なった場所。

海岸沿いの要塞都市としてできたこの村々にはそれぞれ個性がありますが、深い青い海に面したカラフルな家が並ぶ可愛らしい姿は共通しています。

以前は村同士の往来は船を使用していたそうですが、現在は電車が通っていますし、村と村はトレッキングコースとしても整備されています。

 

良く晴れたこの日、トレッキングするっきゃないでしょう!

だけど長く歩くつもりはなく、景色が良さそうなところまで歩いたらもとの村へ戻り、電車で次の村へ移動しようというトレッキング体験のような気持ちで、鼻歌混じりに歩き始めました。

トレッキングしたのはモンテロッソ~ヴェルナッツァ間。

海をバックにした葡萄畑を横目に歩き進み、

あのカーブを曲がったら戻ろう、あそこの小高い場所に行ったら戻ろう、

と思うけれど、

ここまで来たら歩いて次の村まで行けちゃうかもしれない、次の村の可愛らしい風景が、歩き切ったときに目の前に現れたら感動も倍かもしれない、

という思いが勝ち、結局、歩き続けることに。

そう決めてしまうと、道のりは長く感じる。しかし、すでに半分ほど来てしまった以上、同じ距離を戻るのは嫌だ。

突き進んでしまった自分を軽く責めながら辿りついた景色は、思った通り美しかった。

美しさよりも、達成感が上回ったかも。

山側から見下ろすヴェルナッツァ

同じようにコースを歩いてきたカップルと、長く旅した仲間のような親しさで言葉を交わし、村を見下ろすアングルの背景でお互いに写真を撮り、軽やかに村へ入っていきました。

村と村の距離感を感じられるし、山から村全体を見下ろせるのでトレッキングコースはおすすめ。途中で物を売っていたりトイレがあるわけではないので準備していくように。

五つの村の中でも、可愛らしさが際立つ一番有名な村はマナローラ。

他の村は穏やかでゆったりした時間の流れた田舎なのですが、マナローラだけは違います。

ここだけを訪れる団体観光客が多く、土産物屋やレストランがたくさん並んで騒がしい。

トレッキングコースや他の村にはいろんな国々のひとが訪れていたけれど、マナローラは急にアジア人観光客が増える。

旅行の時間が限られていたりいろんな理由があるにせよ、彼らがマナローラしか訪れられないのは、ちょっと残念だなと思ったのでした。