主張の強いドアノブたち


チンクエテッレからピサに戻り、そのまま電車に乗って向かった先はフィレンツェ。

英語ではフローレンス(florence)て言うんですって。ご存知でした?

わたしは知らなかったので、友人に「イタリアではどこがおすすめ?」と聞いたときに「Florence!」と言われ、へー、それどこだろ?と思ったものです。

 

到着はすっかり暗くなったころ。

相も変わらず観光情報を調べずに行ったので、到着後はとりあえずフィレンツェ旧市街を歩いてみます。

ローマから見かけていたのですが、観光名所やメイン駅の前には、必ず黒人の土産物立ち売り男性がいます。

アフリカからの移民なのだろう彼らは、実につまらなそうに、人(特に外国人)が来たら自動的に物を見せる機械のように動く。

イタリアでの生活は、彼らにとってどんなものなんだろう。

と思いながらも、わたしも機械のように無駄なくその場を去っていきました。

 

フィレンツェは、友人の勧め通り素敵で落ち着いた町でした。

石造りの建物は古く、中身がまぶしい光を放つコンビニであっても、おしゃれなレストランやカフェであっても、不思議と違和感のない調和が取れている感じがしました。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。壁が印象的でかなりの迫力。

食には困らない国、イタリア。

そんな中、フィレンツェで夢中になって写真を撮りまくったのは、ドアノブ。

重厚な石造りの建物に、背の高いしっかりした木の扉、そしておちゃめでバラエティ豊かなドアノブ。

興奮しないわけがない。

まゆ毛の下ったこまった顔のライオン、

ひげが立派なきりっとした顔立ちの男性(悪魔っぽくも見える)、

二匹の魚(鯉?)と二つの人間の顔(男性?)からできたもの、などなど。

きりが無くて飽きません。

 

そしてもうひとつ、町を歩いていて楽しかったことは、すれ違う地元の人と思われる人々が着飾っているわけではないのにおしゃれで素敵。しかも、人々が町と調和している気がする。

古くてぼろぼろの自転車も、町と持ち主と足並みを揃えているように見える。

人々といい、ドアノブといい、ただ歩いて見て回る町歩きがとても楽しかった。

長時間並んで見た有名なダビデ像よりも、町の印象が強い場所となりました。