再会と生き方について


デリー初日にどうにかホテルに辿り着いて不安と緊張が溶けていき、ベッドへ横になったのが、まだ薄暗い早朝5時くらい。

暑さと外の賑やかな雰囲気で目覚めたのは10時。

すっかり明るくなった外を眺めると、たくさんの小さなお店が開いていて、その間を縫うように歩く色とりどりのサリーを着た女性と子供達、近くのお寺のような場所へ集まる人々、何かの食べ物の匂いとお香の匂い。

わたしはインドにいるんだなぁとようやく実感すると同時に、この新しい場所を見てみたい、見なくては、とうずうずしてきました。

 

そして歩いたオールドマーケットは、物と人と排気ガスと音が空間という空間を占拠していて、ヨーロッパでふやけた感性がどくどく脈打つような、五感のレベルが一段上がったような感覚に興奮したのを覚えています。

人によっては大変不快であろうこの場所は、わたしがこのとき求めていた刺激に溢れていました。

 

部屋に戻ってしばらくすると、モスクワで会ったアーヤが到着する予定の時間。

ここはインドだし、予定の時間より遅れて到着するだろうと思っていたら、ちゃんと予定時間にホテルに現れて、約二カ月ぶりの再会を果たしました。

旅慣れた彼女は、大したことないというふうに昼間のあのニューデリー駅をくぐりぬけて、きちんとホテルに着いたのでした。

今までの旅のこと、これからのインド旅行のこと、その他何でもない最近のことなんかを話したり、町をぶらぶらしてたら夜になり、ツアー主催者のイゴールと他の参加者と顔を合わせ、明日には出発という話になりました。

初めての国で初めて会うロシアの人たちと旅をするなんて、今考えると不安要素しか浮かばないのですが、アーヤの存在がとても大きくて、その時はすっかり安心してリラックスしていました。

 

翌朝、ツアー参加者四名にイゴールも含めて五名で駅へ行き、向かうはタージ・マハルのあるアグラへ。

ツアーに参加することを決める前に、何がツアー料金に含まれているか何度かメールで聞いてみたのですが、詳しいことがどうにもはっきりしませんでした。

そこに不安はあったのですが、実際にイゴールに会って行動を共にしてみてよくわかったのが、彼は非常に適当であるということ。

柔軟、と言ってもいい。

ホテルや現地ツアーをきっちり決めて回っていくパックツアーではなくて、過去に何度もインドを訪れているイゴールの知り合いのリキシャ運転手やその知り合いのホテルを利用するため、それらに決まった値段がないし、電車の運賃はその時に予約できる席の運賃になるので事前に値段がわからない。

そもそも、リキシャやタクシーの運賃、ホテル代は常に交渉制であって、決まった価格がないのだから、これらを利用するならば事前にツアー料金が出せるはずがない。

最低価格にしようとすればするほど、事前に料金が決まらないということになるでしょう。

なので出たとこ勝負にならざるを得ない、適当にその場に合わせて交渉していくしかないということだと思います。

もうひとつ、彼のツアーで特徴的なのは、彼自身がとても楽しんでいること。

時にこちらがイライラするほどマイペースで休憩の多い彼は、平気で我ら四人を置いて自分の時間を作るし、迷子になった誰かを必死に探すわけでもなく、のんびり現地の子と話しながら待っている。

インドと写真と音楽が趣味であり仕事にもなっているイゴールを見て、こんなふうに生きたら楽しいだろうなぁと思ったものです。

結婚式?の写真を撮っている彼らに日本人てピースするんでしょ?て言われながら。

早朝に訪れたタージ・マハルは美しく、大きかった。

見たかったものをこの目で見れる幸せ。

イゴールにたくさん写真を撮ってもらって、時間をかけて過ごしました。