賑やかな祭りと艶やかな彫刻


前回の最後に「賑やかな町の夜を後にして…」と、美しく書きましたが、実際はとってもとってもうるさいです。

何がうるさいのかというと、爆竹。

バラナシの狭い路地で、しかも到る所で、早朝から夜中まで一日中ずっと爆竹が鳴り響いているのです。

狭い路地なので反響してすごくうるさい。すぐ近くでやられると、しばらく耳が聞こえないくらい。

バラナシのディワリをもっと見てみたかったですが、

本当に爆竹の音が嫌だったので町を離れられてよかったという気持ちも強かったな。

 

インドの電車はいつでも、どこでも混んでるので、ディワリというイベントがある今日はまた格段に混んでいるんじゃないか、という恐怖をかかえて該当の電車に乗り込むと、拍子抜けするくらい空いていました。

空いているというか、車両には誰もいない。間違った?

しばらくすると陽気なスペイン人の女性がやって来て、行先や席を確認したりと賑やかになりました。

がらんとした車両なのに指定席は我々と隣の席。

若干の不安を抱えながらもお互い行き先も合ってるし大丈夫そう、と確認し合ってると定時で電車が動き出しました。

インドで定時て!

と思いながらも、ディワリのお祝いで花火が打ち上がる遠い街並みを車窓に見ながら過ごしました。

人が少なくて風通しが良すぎる車内は涼しいどころか寒いくらいで、しょーくんは体調不良をぶり返してしまいました…。

彼女は颯爽と蚊帳を出して眠りついた。賢い。

早朝に到着したカジュラホは小さな町。

愛の彫刻が有名なヒンドゥー教寺院群があることで有名です。

それはそれはエロティックで直接的な表現の精巧な彫刻がずらりと並ぶ寺院であります。

 

ガイドブックでこの寺院群のことを知り、話題性があるのと興味本位で立ち寄ったのですが、

すかっと晴れた青空のもと、圧倒的な数の彫刻や寺院を目の前にするとエロさは感じないものなんですね。

神聖な儀式を現したもの、とまでは感じられなかったけれど、

寺院内のひんやりした薄暗い中にある彫刻にはちょっとぞっとするくらいの神聖さと妖艶さを感じました。

 

カジュラホは小さな町なので普段はそれほど賑わうこともないのでしょうけれど、訪れた日はディワリの最中。

賑やかな音と声(歌?)とともに、男性たちは手に大ぶりなクジャクの羽根を持って休みなく踊っています。

踊るというよりはパレードのような、数人のグループがクジャクの羽を空へ突き上げながら、

かなり高いテンションで叫びながらぐるぐる回り、しばらくしたら少し進んでまたぐるぐる回る、を繰り返す。

それをたくさんの人たちが囲みながら見ているので、道は人であふれている状態。すごい熱気。

うわー、これ、一緒に踊れないかなーとか言いながらしょーくんが近づいて行くと、全員興味津々でこっちを見て集まってきた。

え、踊り続けなくていいの?

 

輪に近づくと数人に発見され…

囲まれた。写るときはみんな真顔。

意外にもディワリを間近で感じられて満足。

小さな町を後にして、大都会ニューデリーに戻ります。