モンゴル経由でロシアへ電車入国、ウランウデで行き詰まる初日 

その他

北京を出発した電車は、モンゴルを通ってロシアへ入り、ロシアを横断するシベリア鉄道へ合流します。

モンゴルに入った電車は、しばらくして首都のウランバートルに到着。ここでちょっと長めに停車するので、お昼ごはんを食べに駅構内の食堂に行ってみました。

メニューはキリル文字でまったく読めないのですが、食べ物を直接指差しして注文。餃子の中身も、チャーハンの具も、羊肉でした。好きだからよかったんだけど、ちょっと飽きて残してしまった。

この夜はいよいよロシア入国

電車は国境付近の駅で停車し、二人一組の入国審査官がぞくぞくと車内へ入ってきます。

隣では無表情の大柄なロシア人審査官二人が中国人カップルに対し、「何をしに来た」「この書類を出せ」「立って後ろを見せろ」などなど入念に時間をかけてチェックしていて、順番的に次のわたしと日本人学生くんは、それはもう、びくびく怯えて待っていました。

そしてやってきたわたしたちの番。

なるべく怪しくない堂々とした印象がいいかな、と思ってひきつった笑顔を向けてみた。(向こうは変わらず無愛想だったけど)わたしたちのパスポートを見てぱらぱらと中をチェックした後は、・・・

何もなかった。

さっとスタンプを押して終了だった。用意した書類すら見なかった。パスポートの国によって、そんなに手続きが違うものなの??日本のパスポートの信頼度を再認識した出来事でした。

あぁ、心配してた入国ができたんだなぁ。問題なくて、ほんとよかった!!

次の日の朝にはロシアの最初の目的地ウラン・ウデに到着。

電車はこのままモスクワまで進みますが、電車が停車している間、目的地がまだ先の同室の日本人学生くんも見送りに降りてきてくれました。わたしはウラン・ウデで数日泊まったのちに、シベリア鉄道でモスクワへ向かうので、先にチケットを買っておこうとチケット売り場へ向かいます。

学生くんが心配そうに見守る中、希望のチケットのことを伝えようとするも、まーーーったく全然英語が通じない

数字すら伝わらないので日付を伝えるのにまず一苦労。おまけに電車の等級も、種類もたくさんあるっぽいし、毎日運行しているわけではないので、それはそれは悪戦苦闘でした。

幸運だったのは、対応してくれた方が無愛想だけど辛抱強かったこと。何度も何度も同じ(と思われる)質問や確認をしてくれて、ようやく買えました。よかったぁ。

ちなみにこの駅に限らず、窓口であろうが、インターネット上であろうが、ロシア国外のクレジットカードは使えないことが多いです。サンクトペテルブルグなどの観光都市では使えましたが、こんな小さな町の駅ではダメでした。

それもパニックのひとつ・・・。その間に電車の発車時間になってしまい、中途半端に学生くんとお別れし、ひとりになりました。

ウラン・ウデはブリヤート共和国の首都であり、もともとモンゴル系のブリヤート人の居住地だった場所。すれ違う人々はモンゴル系の人たちばかりなので、日本人は違和感なく町に溶け込める。自分とは縁がないと思っていた国に親近感を感じるという不思議な感覚。

町の中心部には、ロシアらしくレーニンの巨大な頭部像があり、その周囲にメインストリートやオペラ劇場があります。結婚式の集合写真を撮るくらい、町の象徴なんでしょうね。

観光名所などもなく、どちらかというとロシアの中では目立たない都市。

ここで電車を降りた理由は、まず、バイカル湖を見てみたかったことがひとつ。

もうひとつは、セメイスキエ(家族として生きる人々という意味。ユネスコ無形世界遺産)というロシア正教古儀式派の信徒の村を訪れたかったからです。

セメイスキエの家はカラフルにペイントされ、人々の着ている服もカラフルで可愛らしく、その地方の昔ながらの食事をし、素敵なハーモニーの歌を歌うらしい。ぜひ行って見たい。

初めてのロシアでは、見るものすべてが新鮮でした。

ウラン・ウデは、8月だというのに肌寒い曇り空でしたし、予約した宿はどことなく雰囲気の良くないゲストハウスでしたが、未知の国に対してわたしの心は爽やかでうきうきでした。

ロシアらしい帽子を売る露店を見てにやにやし、

初めての本場ロシア料理(ファーストフードみたいなところだったけど)を味わい、

カフェに入ったりスーパーに入ったりしました。あぁ、たのしい!

待ち歩きを堪能した後、そろそろ観光情報を集めようかと調べ始めると、目的のひとつセメイスキエの村はウラン・ウデ郊外にあり、彼らとともに食事や歌を楽しむためには事前にその旨を言っておかなければならず、どうやらわたしはツアーに参加するしかないらしい。

しかしツアー情報がびっくりするほど少ない。あっても一人参加となると、$250~とものすごく高い。だんだん、心配になってきた。

さらに、もう一つの目的だったバイカル湖観光は、実は湖西側のイルクーツクという町から行くのが普通で、湖東側にあるウラン・ウデからバイカル湖へ行くには、一日かけてローカルバスを乗り継がないと行けないらしい。英語が全然通じない中で一日かけてバスを乗り継ぐ気力はない・・・

その後あれこれ調べるも画期的な打開策も見つからず、あー、どうしよーと悩みながらも宿の人にビールをもらい、(2リットルペットボトルビール!)

そのまま早めに、半ば不貞寝的に就寝。

なんとなくよく眠れないまま朝になると、昨夜まで自分一人しかいなかったドミトリーの部屋に一人の男性が寝ていました。
彼は近くの町で働く医者のアンドリエ。今は休暇でここへ来ているらしい。彼とのこの出会いが、この後のロシアの旅をほんとうに充実したものにしてくれたのでした。

タイトルとURLをコピーしました