輪に入らないという選択


どの国でも町を離れた田舎の風景は美しいですが、タリンからリガへの移動もとても壮大でした。

ちょうど夕焼けの時刻だったこともあり、広い大地に沈む夕日と赤やら紫やら刻々と変わる空の色を眺めながら移動しました。

DSC01025

この移動で利用したのは、Lux Expressというバス会社。

バルト三国を含め、ロシアやポーランド、ドイツ、チェコ、オーストリアなど10カ国の各都市を結ぶバスです。

ヨーロッパの移動で何度か利用しましたが、インターネットで予約ができるし、全席に映画を見たりゲームができる個別スクリーンがあり、wi-fiあり、電源あり、バスの中に設置されたコーヒーマシンで無料のコーヒー飲み放題(しかも美味しい)という、非常に快適なバスなのです。

値段もそれほど高くない。(ここ大事)

ヨーロッパの移動では是非!使ってみてください。

 

新しい町へ移動する際には、地理が不明であることと、暗いというだけで心細くなる自分の気持ち的にも、夜の到着はなるべく避けたいところですが、この次の日に飛行機の予約をしていたので日程に余裕がなく、夜到着が続いていました。

4時間半のバス移動を経て、リガ到着は19時。

前回のタリンの宿での反省を踏まえて、今度こそ迷わないように、バスステーションから宿までの行き方が詳しく説明してある宿を選んでみました。

話し相手も欲しかったし快適な宿泊がしたかったので、口コミ評価がいい宿にしました。

宿までの道のりが詳しく説明してあるのはいいのですが、その説明がやや複雑でして、

「橋 の下の道を抜けると大きなショッピングセンターがあるので、そこを通り過ぎた角を右折し、目の前に見える地下への道を進む。すると地下は数店の店を中心と する円形状に広がって地上への道が各方面に出ている。中心から反時計回りに三つめの地上への階段を上ると、マクドナルドが見えるので・・・」

てな具合で、またも迷いました。

地下道までは行けたんですけどね。

次回はわかりやすい場所にある宿にしよう…

結果的に、地下道からたくさん出ている地上へ出る階段を、ひとつずつ上っては地上を見渡し、やっと目印のマクドナルドを見つけてそこへ向かって進む。

さてここからどう行くんだっけ、と地図を見ていると、急に、ほんとに急に、

 

「宿、探してるの?」

と、日本語で話しかけられました。

顔を上げると、長いドレッドヘアの日本人のお兄さん。

あれ、ここラトビアだったよな、原宿とかじゃないよな。ってぐらい気軽に、気兼ねなく、話しかけられてぽかんとしてると、

「宿だったらあの角曲ったところにあるビルに、いくつか安いところあるよ」

「あ、あぁの、あの、たぶんそのうちのひとつに予約をしているので…」

「あー、そっか。じゃ、大丈夫だ。気をつけてねー。」

という、唐突な道案内を受けました。その後彼は、現地の友人っぽい人たちとどこかへ行ってしまいました。

 

旅先で日本人に会うと、一瞬で日本人だとわかるものなんですが、やっぱりちょっとお互い距離を図るというか、ためらいがあります。少なくとも純日本人的気質を持つわたしはそうです。

でも、このお兄さんはそれが微塵もなかった。

海外生活が長いのかもしれないし、もしかしたら海外で産まれ育っているのかもしれないけれど、カルチャーショックのようなものを感じました。

こういう日本人もいるんだなぁと。

私のなかで、いまでも鮮明に覚えている出来事です。

言われた通りマクドナルドを過ぎた角を曲がると、ビルへの入り口があり、その中にいくつかの宿がありました。

やはり、わたしが予約していた宿もその中の一つで、こうして無事に辿りついたのでした。

 

ネットでの口コミ評価に違わず、キレイな部屋、感じの良いスタッフ、広い共有スペース。

DSC01032

台所が併設している共有スペースでは宿泊者が20人ほど集まってお酒を飲みながらゲームをしている様子。

わたしは案内された部屋へ入り、荷物を出したりベッドメイクをしたりしていると、誰かがドアをノックする。

受け付けに忘れ物でもしたかな、とドアまで行くと、そこには流暢な英語を話す香港人のスタッフがいて自己紹介とみんなでこれからパブに行くけど一緒に行かない?のお誘い。

宿によっては、独自のツアーを企画しているところもあり、そのツアーの定番が「Pub crawl」です。

主催者のおすすめの地元のパブを数件はしごして飲むというもの。

大抵、参加費は€5程度で、自分が飲むお酒は自分で払うシステム。

お酒が好きで、たくさんのひとと出会いたいひとにはぴったりのツアーで、とくに欧米の旅行者に人気です。

この日のPub crawl開始時間にはまだ余裕があったので、先の香港人スタッフは、宿でみんなで飲みながら参加者を集っていたところでした。

わたしはパブもお酒も好きだけど、その場のノリについていけないことがあるので、大人数で飲むのはちょっと苦手です。

ですがこのときは、誘ってくれた香港人の彼が愛想がよかったことと、ヨーロッパに来てから誰かと親しく話す機会がなかったので、知り合いを増やす良い機会だと思ったこともあり、仲間に加わることにしました。

ですが、

何杯か飲みながら、隣のひとや近くにいるひとに話しかけてみるも、どうにもうまく輪に入っていけない。

排他的な感じではないのですが、もう出来上がっていた盛り上がりのノリについていけないというか。

これは、このままパブまで行っても自分は楽しめないなと思い、出かけるみんなを見送り、宿に留まりました。

ロ シアのシベリア鉄道の中でも思いましたが、輪に入れずぽつんとしてしまう、こんな状況のとき、以前ならば「なんで楽しめないんだろう」と激しい自己嫌悪に陥ること が多かったのですが、このときは「やっぱり大きな団体の中に入っていくの苦手なんだなー」と感じただけで嫌な気持ちにはなりませんでした。

これって、他の人にとっては当たり前のことかもしれませんが、自分の行動や考え方が嫌いで、うまくいかないときにいちいち落ち込んでネガティブになっていたわたしにとっては、大きなことなのです。

その後は、がらんとして静かになった宿でゆっくりシャワーを浴びて、部屋から外の景色を見たり、旅の計画を立てたりして過ごしていました。