ソビエトのかほり


前日のPub Crawlに参加した面々は朝の始動がゆっくりになります。

早起き組のわたしは、ゆったり身支度をして宿の中心部にあたる共有スペースのリビングルームで、お茶とフリーパンケーキ(宿によっては日替わりの無料サービスがあったりする。この日はスタッフが焼いてくれたパンケーキだった♪)を食べました。

ラトビア滞在はこの一日だけで、夜の飛行機でスイスのチューリッヒへ行く予定。

ラトビアの観光名所がどこなのか、何がある町なのかを何も調べずに来てしまったので、宿のスタッフに町の観光スポットを聞いて出かけました。

それにしても、寒い!このとき9月13日。秋の始めですね。

地元の人にとってはまだ暖かい季節のようで、みんな半袖の薄着で完全な夏服。

体感温度が違うんでしょうけども、わたしは長袖の上に薄いジャンバーを着て、ストールを巻いてましたよ。

 

昨夜バスが到着したリガ駅の北側には、西側をダウガバ川が流れる旧市街地が広がっています。(泊まった宿もこのあたり)

石やレンガで造られた教会、お店が並び、石畳が美しいヨーロッパらしい町並みで、徒歩で十分見て歩ける範囲に見どころがまとまっています。

DSC01039

DSC01056

 

タリンでは初めてのヨーロッパ的街並みが珍しくて楽しかったのですが、リガとタリンの旧市街地が同じに見えてしまい、興味がわかないという状態。

歴史に詳しくなく、ラトビアという国についての知識もなかったわたしにとっては、「ひとが少ない場所だなー。名産品がロシアと似ているなー。」くらいの感想しか持たず、時間を持て余し気味で過ごしていました。

今思えば、とてつもなくもったいなかったと思います。

日本から遠く離れた場所の、教科書でしか知らなかった歴史に触れる絶好の機会だったし、知識がないならばフリーウォーキングツアー(ボランティアが観光客相手に建物や町について無料で説明してくれるツアー。最後にチップを渡す。)に参加することもできたのに。

自分から積極的にこの場所のことを知ろうともせず、ぼんやり過ごしてしまったなぁと少し後悔しています。

ぼんやり、ゆっくり過ごすという過ごし方もいいのですが、このときは気持ちが沈んでいたのが残念だったな、と。

 

この旅行を始めて三週間弱。

友達もできてすごく楽しかったロシアを離れ、話し相手もいないままフィンランドからここまで一人で過ごして、誰かと時間を共有したいという気持ちだけが強くなっていたのかもしれません。

やりたいことをやっていながら贅沢な悩みなのかもしれないけれど、石やレンガでできた古いビルや建物に囲まれた、わくわくするはずの未知の要素がつまった異国にいながら、寂しさを感じると共に旅の目的を失いかけていたときでした。

そんな気持ちになる自分がいることを知るのは、旅に出なければ得られなかったことなので、よい経験だったとも言えますが。

 

ラトビアの観光名所はやはり旧市街なのですが、その周りの新市街地の方がわたしは面白かったです。

旧市街から西側へまっすぐ歩いて行くと大きな公園があり、その一角にはたまねぎ頭が印象的なロシア正教会の教会(前回ブログの表写真)があります。

ロシア正教会の教会の内部は天井まで装飾されていて美しいので、いつも「ほぉ・・・」となります。大抵写真撮影が可能なのも嬉しいところ。

このあたりの建物は、ソビエト時代を彷彿とさせる古い無骨な建物と、アールヌーボー調の手のこんだデザインのカラフルな建物が混在していて面白いです。

DSC01050

DSC01046

建物の大きさと多さに比べて見かける人の数が少なく、ましてや観光客は全くおらず、なんとなく物寂しさを感じる。

天気が良い日の散歩という側面ではのんびりぶらぶらできていい場所だと思いますが、このときのわたしにとっては寂しさを強く感じてしまっていました。

 

一休みをして次に向かったのは、リガ駅を挟んで旧市街の反対側(駅の南側)。

このあたりはまた雰囲気が異なり、レンガの倉庫跡のような一群と木造の古い建物が多くありました。

DSC01065

DSC01066

 

 

 

 

 

そのレンガ倉庫のある広場でマーケットが開かれていました。

DSC01062

ここは面白かった!

手づくり市のような、がらくた市のような、なんでもありのマーケットで、若い人が服を売ってたり、絵を売ってたり、アクセサリーや日用品(という名のがらくた)を売ってたりとさまざま。

わたしはそこでロシア語を話すおばさんから帽子を買いました。

公用語のラトビア語とともに聞こえるのはロシア語。やっぱりここはロシアだったんだなぁ。

 

ぶらぶらして宿へ戻るとバスで空港へ向かう時間。

チューリッヒ空港を経て、友達のおうちでプチホームステイのような数日間を過ごすことになっているオーストリアへ行きます。

このタイミングで家庭の温かさを感じられる滞在ができるのは本当にありがたかった。